3Darchitects   works   company   fee   contact   blog   links   facebook   31  
p00




k-house-logo


「KUROISO CITYの魅力をパッケージ化」

地域の皆さまが「日々利用できる」「一日中居られる」普段使いの施設とすることで、
この界隈に人々が集まり、接続する幹線道路沿いの商店街にも新たな活気と賑わいが生み出されると考えます。
また、街の発信基地の役割を担い、国内外からの旅行者・新たな挑戦を求める若者や
子供たちを引き込む様々な人々が重なり合う施設とすることで、
新たなシナジー効果を伴う次の時代の黒磯ブランドが作りあげられてゆくことでしょう。

新陳代謝する施設

個々の機能をそれぞれの施設によって補完しあう関係性を作ることで相乗効果を生み、
施設単独のポテンシャルを高めます。
長い時間軸の中で、常に新陳代謝できる施設づくりを行います。

まちに溶け込む存在価値

商店街の一部として、連続したまちなみの中に存在する施設であるために、
分棟配置された各建物は平屋木造建てとし、それぞれ用途に合わせた建物高さとします。
外装材には、地域を代表する大谷石や、地場の木材を使用した焼き杉、
栃木県産の石灰を使用した漆喰等を織り交ぜて、単なる形態に留まらず、
地域の方々に愛され続け、変化に富んだ価値あるまちなみを形成します。





所在地 / 栃木県那須塩原市
構造 / 木造
規模 / 地上1〜2階
敷地面積 / 3600.00m2
サムネイル画像クリックで拡大