3Darchitects   works   company   fee   contact   blog   links   facebook   31  
p00




k-house-logo  - Anabatic Wind -


季節や時間の流れを感じる
 
海へ向かっての良好な景観はこの計画の中心になります。
敷地周辺は相模湾に南面する傾斜地の頂上付近にあたる土地です。
標高100mのこの地は、日中の海から山へと滑昇風-Anabatic Wind-の通り道となり、
南北方向に風が抜ける事が予想されます。
四季折々の空と海の色、日の出から日没への太陽の移ろいや影の長さ、天候の変化や雲の流れ等、
常に変わり続ける自然の様々な風景が毎日展開されます。
敷地北側の緑も季節ごとに様々な表情を見せ、うねる様な木々の葉の動きは
風の流れを感じさせる事でしょう。

様々なシーン

南北方向に長い敷地の北側に2層分、南側に1層分の箱形をそれぞれ並べ、その箱に大壁と大屋根を
コの字型にしたフレームをかぶせた構成になります。
フレームは南北方向に抜けており、南側の海への景観と北側の緑との両方向に視線を促し、
隣地とは壁により視線を遮ります。
箱形とフレームの間には隙間を設け、ある部分はアプローチや回廊といった屋外空間として、
ある部分はガラスで覆われた室内として、内と外の中間的な空間を積極的に設けます。
フレーム下の箱の上部は居室となり、フレームの外側は屋上庭園として利用します。
建物の機能としては北側の箱形は地階に車庫、1階にライブラリー、書斎、茶室といった文化的な色を
持った諸室、2階がリビング•ダイニングになります。
南側の1層は、寝室を中心とした水廻りとウォークインクローゼットといったプライベート色の強い
部屋で構成し、その上部は庭園とし、断熱効果を高めます。
各諸室は、その使われ方でも様々なシーンが連想されます。
今回の提案では機能と内装による転換にとどまらず、周辺環境との関わり方にも変化を持たせ、
さらに多様なシーンを生み出す事がが可能です。




所在地 / 神奈川県鎌倉市
構造 / 鉄筋コンクリート造
規模 / 地上2階、地下1階
敷地面積 / 587.95m2
建築面積 / 223.70m2
延床面積 / 329.17m2
サムネイル画像クリックで拡大