090112_高級マンションリフォームの各務君来所

先週、早稲田大学の池原研究室時代のお仲間であるカガミ建築計画の各務謙司君が事務所に来てくれました。よくよく考えてみる、実に10年近く会っていなかった事に気づかされました。彼とは1学年違いで研究室に在籍していました。当時の研究室は、京都駅の建替えを競う指名コンペを行っていた時期にあたり、池原先生の事務所所員の方と大学院生が総動員で寝る間を惜しんで提出に向けて作業を行っていました。このコンペに関しては、現在では想像もつかない様なバブル景気の真っ最中で、研究室での作業も去ることながら、打ち上げでも今では考えられない様なものすごい盛り上がりを見せたのを思い出します。おかしな時代ではありましたが、ある意味、不安の無い良い時であったと思い出します。
彼とはそのような馬鹿騒ぎもしましたが、当然、研究室内での葛藤もあった訳で、今となっては様々な事柄が懐かしい思い出話となっています。この10年のブランクの間、お互いに色々と辿ってきた道のりが違うだけに、興味深い話を伺う事ができました。特に各務君は独立して10年近くになるため、事務所経営に関しては大先輩にあたる訳で、非常に参考になるお話をたくさん拝聴する事ができました。このような仲間がいてくれる事は非常に心強い事でありますし、大変刺激にもなりますし、何よりもとても幸せな事だと改めて感じた次第です。各務君、これからも宜しくお願いします。今度はそちらの事務所にお邪魔させて頂きますので。

追記170621:各務君はこの頃(かれこれ10年前)からリフォームの仕事を積極的に行っていました。今でこそリフォームは新築に肩を並べる程、世の中に広まっておりますが、当時はそこまで一般的では無かったので、とても先見の明があったのだと改めて感じます。特に高級マンションリフォームに関しては、国内では第1人者でありますし、今までの実績をまとめた個人名を冠した書籍が書店に並ぶ等、その活躍ぶりには目を見張る物がありますし大変刺激になります。私も頑張らねば・・・・。