Heavy rotation Sep/2008_LIVE/Donny Hathaway [1972]


音楽関係のブログシリーズ「Heavy rotation」

直近に聴く機会が多かった曲、アーティストについて、あれこれと書かせて頂くシリーズを立ち上げさせて頂きます。

1曲目は[Donny HathawayWhat’s Goin’ On] です。わたくし事ではありますが、大学4年の頃から同期と共にバンド活動を行っております。今はメンバーそれぞれが社会人として忙しくしており(中には海外勤務などもあり)中々集まる機会が設けられず、かなりのブランクが開いてしまいました。そんな中、Voの拓司くんが日本に戻って来るという事で、久しぶりにスタジオ入りする事になりました。そこでの課題曲が今回のお題となっている次第です。

そんなよもやま話はともかくとして、このアルバムは間違い無く歴史に残る傑作でしょう。バンドの高い演奏能力と一体感、練られたアレンジとインプロビゼーションも織り交ぜた躍動感がライブ音源として活きいきと残されています。小型のライブハウスでの演奏に、観客も敏感に反応し、さらに一体感が生まれているのが手に取る様に判ります(まるでその場にいる様な錯覚を感じ、その様子にトリハダが何度もたちます)。特に注目するのはBassのWillie Weeksの演奏で、各メンバーの掛け合いを後押ししながら要所に織り込まれる音がバンド全体にグルーブ感を生み出している様に感じられます。紡ぎだすメロディラインが楽曲全体の色を支えている印象です・・・実にすばらしい・・・。

こんなバンド演奏に一歩でも近づけたらと思う次第です(無理ですが・・・)。実際に我々が演奏すると、どうなるか・・・。What’s Goin’ OnのオリジナルはMarvin Gayeにもかかわらず、このDonny Hathawayのライブバージョンの演奏がバンドスコアとして出まわっています。各演奏を音符として拾う事はできたとしても、その躍動感、ノリによる独特なグルーブを出すのは至難の技で、特にいわゆるブラックなノリは、我々東洋人には中々の難易度の高さです。イントロのエレピ「Wurlitzer(ウォーリッツァー)との事」の右手に絡む様にカウンターで入って来る左手のベースラインや、ソロの中での独特な緩急を交えたメロディラインなど、どうしたらこんなに表情豊かな音が出せるのでしょうか・・・

まさに神ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です