「カドノイエ by コネクト一級建築士事務所」来訪記


建築家31会のメンバー、コネクト一級建築士事務所さんが手掛けられた「カドノイエ」のオープンハウスにお邪魔して来ました。ご夫婦で仕事をされているコネクトさんとは31会でも懇意にさせて頂いております。お知り合いになってから随分と経ちますが、実作を拝見するのは初めてでした(すみません・・・)。

敷地は北区の住宅街の角地でした。コンパクトな敷地の平面形状は台形をしており、その底辺の鋭角部分が角地の先端で削られていました。オープンハウスの折には、その模型を展示してありましたので、全体形状が把握できました。模型からは、道路斜線によって制限を受ける中で屋根形状と屋外デッキを匠に組み合わせ、床面積の確保と採光、使い勝手が立体的に解決されている事がうかがえました。各階の構成は、1階がご夫婦の寝室と水廻り、2階はリビング、ダイニング、キッチンと屋外デッキ、3階はロフト付きの子供部屋になります。

異なったメーカーの器具を組み合わせたダイニングテーブル上の照明器具

家族が集まる2階は間仕切りが無い、ワンルームで構成されており、四角形を組み合わせた平面形状になります。リビングとダイニング間には2段程の高低差が付けられており、緩やかなシーンの切替えがなされていました。キッチンの作業台面、ダイニングテーブルといった机上面に意識が向くエリアは、比較的天井高さが抑えられていますが、段を上がったリビングは勾配天井によって気積が一気に広がり、側面の大開口とあわせて、屋外的な明るさが生まれていました。リビングに置かれる座面を低く抑えたソファに腰掛ける事によって、この空間の上への広がりがさらに強調されるであろう事が予想されます。また、ダイニングチェアに腰掛けた時の目線とソファ上の目線がより近しい高さとなり、コミュニケーションも容易に図れるように感じました。

ルーバーの外観

屋外デッキはリビングとキッチンの両方に面して設けられています。リビング側には先程の大開口で繋がっており、キッチン側は機能的な出入口が設けられていました。このデッキ部分は前面道路に面しており、目隠しルーバーが設置されており、通風を確保しながら周囲からの視線を上手く遮っています。また、この屋外空間は1階では坪にはとなり、寝室、洗面、浴室と接しており、採光と通風が確保されていました。この屋外空間が、敷地全体が内部空間から上手く利用できる仕掛けとなっているため、コンパクトな敷地が最大限に活かされている事を感じました。

子供部屋の小窓からリビングを見下ろす
子供部屋の小窓から顔を出す滝川さん

3階の子供部屋にはリビングの吹抜けに面して小窓が設けられていました。こんな所にも家族の繋がりを大切にするお二人の設計姿勢を感じる事ができました。

キッチンは家事コーナーを備えた広々とした構成。家電関係はリビングからは見えない様に収納方法が計画。

コンパクトな敷地の中で、空間の有効利用と広がり感、有機的な繋がりが遊び心と同居する素敵なお宅でした。

標さん、滝川さん、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です