「アーバンリゾートシェアハウス by ㈱空間計画提案室」来訪記


建築家31会のメンバー、㈱空間計画さんが手掛けられた「アーバンリゾートシェアハウス」のオープンハウスにお邪魔して来ました。代表の鈴木さんのSNS上で工事中から完成までの様子は写真で拝見しており、住宅しては非常に規模の大きい案件という事で注目しておりました。

敷地は東京都との県境にほど近い埼玉県八潮市でした。この辺りは筑波エクスプレスの開業によって開発された地域という事で、道路や家が新しく、街区は伸びやかな区割りが行われており、さらに今後も新たな道路が作られているようです。土地の起伏はそれ程無く、さらに開発が進む余地があり、これからも人口が増えてゆく気配が感じられました。

街が新しいと感じたのは,いわゆる新建材を使った住宅や共同住宅が多く建っていた事によって感じた部分が大きかったのですが、そんな中にひときわ存在感のある素材と水平に伸びる屋根をもったガラス張りの建物が・・・今回お邪魔する「アーバンリゾートシェアハウス」でした。

広大な敷地の一角に車を停めたのですが、ガラス張りの建物のため、到着と同時に代表の鈴木さんとスタッフの方にお出迎え頂きました。写真では何となくその大きさをイメージしておりましたが、実際に訪れてみると、その空間のゆったりとした大きさに驚きました。プロジェクトのネーミングから「シェアハウス」を予想していたのですが、実は鈴木さんのご親族の方がお二人で住む(実際にはOfficeの一部としても使われるそうです)との事で、さらに驚きに追い打ちを掛けられました。

建物の構成としては、5つの直方体が通路となる隙間をもって並べられており、そこに大屋根が掛けられ、ガラスで室内と外部が切り分けわれています。直方体は個室や水廻りや収納などの機能が内包されており、それぞれの壁仕上も異なった素材で覆われていました。この壁仕上はガラスで切り分けられた内部と外部でも同じ素材で揃えられており、直方体で構成されている事がより強調されています。また、素材を変える事により空間に彩りが与えられているのと同時に、多彩な素材のトーンはコントロールされているのが感じられ、不思議な一体感を生み出していました。直方体の配置は整然と並べ過ぎず、かといってランダムになりすぎない絶妙なバランスが取られており、建物の長手方向では箱の連続感が奥行を生み、短手では箱の隙間で内部から外部にガラスの仕切だけで切り替わる明快さがありました。

長手方向の素材が異なる直方体のならび
短手方向の抜け感

直方体の上は床が設けられ、各箱体同士をブリッジつないだギャラリーとなっていました。頭すれすれの天井高で大屋根の全景が感じられる空間は面白く、建物の構成を最も感じる事ができる場所でした。

2階ギャラリーからの眺め 中央の白いキッチンは31会協賛会のマードレさんによる製作

大屋根の下はガラスの大開口により明るい光が差込み、外部空間に居ると錯覚する様な気持ち良さです。そんな開放的な空間と対峙する様に、各直方体の内部はより濃密な作り込みがなされていました。和室の目の覚める様なオレンジ色の壁、トップライトを巧みに取入れた心地よい浴室等、個々のシーンの切替もさる事ながら、細かなディテールに至るまで、鈴木さんを始め、スタッフの皆さんが注いだエネルギーを非常に感じ取る事ができました。

 

和室

周りの建物から十分な離隔が取られた敷地に呼応する伸びやかな全体形の中に展開される作り込まれた大小の空間。それぞれが対峙しながらも呼応するかの様な全体をつなぐバランス感覚など、とても勉強になりました。鈴木さん、スタッフのみなさん、ありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です