鉄骨工事の完了を受けて上棟式を行いました:NARIHIRA RECEPTION_140307


この投稿は建築家31会のブログリレー「ばとろぐ_2014/09/01」を一部加筆したものです。

今週、担当致します石川利治です。以前のばとろぐでもご紹介させて頂きました、2012年3月に行った31人展vol.4でお知り合いになったS様と進めております[NARIHIRA RECEPTION]という案件のご報告を中心に進めて行きたいと思います。1週間、宜しくお願い致します。

前回もご紹介した通り、現場での鉄骨建て方は、約3日で建物の全体像が見える状態になりましたが、実際には仮組(かりぐみ)の状態にありました。ここから、建物の水平、垂直の精度を上げる「建て入れ直し」を行った上で,接合部を完全に固める「本締め(文字通りボルトを締める作業)」を行います。これに、附属パーツでもある、階段等を取付、鉄骨工事の全てを終える事ができました。長い仕込みの期間が形となり、骨組みの最も高い箇所まで立ち上がった事を受けて,上棟式を行いました。ひとつの区切りを迎えられた悦びと、ここまでとこれからの工事の無事を祈って、改めて現場が一体となることができました。

骨組みを下から見上げることのできる貴重なタイミングでの1枚

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です